より高くスマホを買取りしてもらうためのポイント

スマホには、キャリアやメーカー、機種など多種多様なものが販売されています。同じメーカーや機種であっても状態によって買取の金額は上下します。少しでも高く買い取ってもらうためには、いくつかのポイントがあり、それを行っておくことでも違いがあります。買取を行う会社によって価格はバラバラになっているため、比較して適正な金額で売ることができるように、査定方法や高く売れる条件などを把握しておく必要があります。代表的な売り方としては、オークションや中古品のリサイクルショップに持ち込む方法があります。ショップに持ち込む方法では、すぐに現金化することが可能ですが、待ち時間が必要なります。宅配の場合は、手間がかかりませんが、入金までに数日必要になるため自分に合わせて選ぶことになります。

綺麗な状態にして売りに行くこと

スマホは、シーズンごとに新しい機種が発売されているため、価格の変動は大きいです。型落ちになってしまったものは、市場価格も下がってしまうため、買取の金額も下がってしまいます。そのため、少しでも早いうちに売ってしまったほうが価格は下がらずにすみます。付属品が完備していることは査定の際のプラスになります。付属品の有無は次に使う人にとって価値があるため、用意しておくことです。また、本体や付属品などはできるだけ綺麗な状態にしておくこともポイントです。基本的には、買い取った会社がクリーニングなども行うようになっていますが、コストをできるだけ少なくし、その分を価格として還元してくれるところも少なくありません。汚れたままよりも綺麗な状態にしてから売ったほうがマイナス査定になりにくいです。

データを初期化するなど初期設定に戻すこと

スマホの買取を行う際には、データは初期化しておくことです。メールやアドレス帳などの記録データも削除し、暗証番号も初期設定に戻しておくことです。初期化する方法は、各メーカーにより違いがあります。ICアプリを利用していた場合には、必ず削除しておく必要があります。ICアプリは、データ削除のみでは削除されないため、自分で初期化しておく必要があります。自分で初期化しておくことは、個人情報を守ることにつながります。ICアプリは、アプリをアンインストールしただけでは、本体のICチップに利用履歴やデータが残っているため、携帯ショップにて削除してもらう必要があります。そのままの状態で売ってしまうと次の利用者にまでICカードの情報が行き渡ってしまうため注意が必要です。