スマホの買取サービスを利用するときの手順や流れなどの解説

機種変更して、新しいスマートフォンを購入して、前のスマートフォンからデータを移行したら前の携帯は使わなくなります。データ保管用に取っておく方も少なからずいらっしゃいますが、取っておいても存在を忘れてしまって結局使わなくなってしまう方がほとんどです。それなら、前使っていたスマホを買取に出して、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。今は携帯のキャリアショップで下取りに出すことも出来ますが、原則当日中に渡さなければ新しい携帯の本体から値引きにならなかったりします。中古販売店や、買取サイトなら自分のデータコピーをゆっくりしてから携帯をリセットした後に、売りに行く事が出来るので、あせる必要はありません。それでは、買取サービスを利用するときの手順や流れなどをご紹介していきます。

データコピーが終わったらすること

スマホのデータコピーが終わったら、販売したい携帯電話のリセットをします。個人情報が残っている状態だと買い取ってくれませんし、情報流出の可能性も高い為です。そのためデータをリセットする必要があります。次に、携帯本体を綺麗にします。もし本体や裏面が汚れているのなら、おしぼりなどで綺麗に拭き取ると、汚れが取れるので、状態もよく査定してもらえる場合もあります。充電端子の部分を拭いてしまうと、水分が入ってしまい、水濡れの反応が起こったり、画面がつかなくなってしまう場合もある為、充電端子の部分は気をつけたほうがいいです。中古サイトも色々なので、売りたい携帯電話によって査定額も変わってきます。色々なサイトで金額を比較してみてからサイトを決めるのがいいと思います。

申込から発送、金額を受け取るまで

サイトを決めて、申込をします。名前や住所を入力して申込をすると、後日発送キットが送られてきます。大体は箱が送られてきますので、そちらにスマホ本体、買った時に入っていた箱、付属品など、本体に関わるものがあればそちらを同梱します。同梱することで査定額が上がる場合もありますので、もしご自宅にあればそちらも一緒に箱に入れて郵便局などに持って行きます。コンビニで受け取ってくれる場合もあります。数日後に、業者が実際に鑑定して査定した額がメールで送られてきます。その金額でよければそのまま申込をします。査定額のお支払い方法は、銀行振り込みや現金書留など、サイトによって様々です。振り込みの場合は、銀行口座を登録して、振り込み予定がメールで来るので、その日になったら金額を確認します。難しい書類なども特になく、誰でも簡単に出来るので、是非やってみてください。