スマホを買取に出す際の注意点などの紹介

いらなくなったスマホは、業者に買い取ってもらうことができます。需要がとても高いので、意外と高値で取引されることも少なくありません。特に、人気の機種であればなおさらです。しかし、初めての場合は気を付けたほうが良いことも多々あります。これだけは必ずやっておいて欲しいこと、これはやっておいたほうが良いことなどいくつかあります。これから、買い取ってもらおうと思っているのならば、まずは知っておいたほうが良いことを頭に入れるだけではなく、実践してください。大変なことはありません。これをやるとやらないとでは、買取金額にも差が出てしまいます。思った以上に大きな差となる可能性も十分にありますから、手間にはなりますが、やっておくべきことを確実にやっておきましょう。

絶対に自分でやっておかなくてはいけないこと

使っている時は使わない機能ですが、手放す時に必要な機能があります。スマホを手放す時は、必ず初期化してください。難しそうだと思うかもしれませんが、これは自分でやるべきことです。説明書を引っ張り出してでもやってください。初期化すれば、出荷時の状態に戻すことができます。個人情報がたくさん入っていてもそれらが消えてしまいます。個人情報が残ったままでは業者も困ります。買取に出す際には、機械が苦手でも意外と操作できるでしょうから、初期化してください。大事な情報はSDカードに入れておいて、保存しておいてください。もしくは、パソコンにバックアップしておきましょう。初期化されるのは本体だけですから、以上の方法で大事なデータを保存しておけば、消えてしまうことはありません。

他にもやっておくべきことやったほうが良いことがある

SDカードなどの記録媒体は、必ず外しておいてください。自分の手元に置いておきましょう。逆に、付属品は一緒に買取業者に持って行ってください。これだけで少し高く買い取ってもらえます。スマホはいらなくなったら、なるべく早く買い取ってもらうようにしましょう。新しい機種のほうが高値で買い取ってもらえるからです。1円でも高く買い取ってもらいたいと思ったら、いらなくなったらなるべく早くバックアップを取るなどして初期化して買い取ってもらってください。なるべくきれいな状態にしておくこともポイントです。状態が良ければその分高く買い取ってもらえます。ほこりなどは拭いておいてください。ひと手間を加えるだけで違います。以上のことをやっておけば、安全に少しでも高く買い取ってもらえるでしょう。